さとのいえ
眼前に、田園風景が広がる、集落の最端にある敷地での2世帯住宅の計画です。 「ハマノイエ」につづく、敷地に特徴のある物件の一つです。 建物自体を掘り込んだり削ったりすることで、新しく外部との関係性をつなぎなおし、外と内の関係、2世帯という内、内の関係を整理しました。 1Fがご両親夫婦、2Fにご子息夫婦という構成。 玄関別の完全2世帯の構成ですが、豊かな周辺環境を様々なカタチで取り込むべく、工夫をしています。 1Fの外部土間と2Fのバルコニーは掘り込んだ空間でつながっており、一番のビュースポットとなっています。バルコニーからは、様々な角度で採光が可能となり、1Fにも光を届けてくれます。 1Fのリビング吹き抜けにはトップライトからの光が差し込み、それは2Fの外部と内部の干渉スペースになっています。 それぞれの部屋からも、豊かな眺望を楽しむことができ、外観の表情をつくっています。