田の字プランの家
新興住宅地の一般的な整形の敷地を、いかに豊かにプランニングできるか試行錯誤した計画です。 敷地全体を、余すところなく「住」空間とするため、「内と外」の関係を丁寧に考えていきました。 整形の敷地を田の字に分割し、鉤状につながる内部空間と、そこからうまれた二つの外部空間は、内と外の場の関係を様々に生み出します。 公道に面した玄関側は、プライベート空間を護る機能をもち、その反対の庭側は連続する開口で大きく開き、ハイサイドやトップライトからも清々しく光が降り注ぎます。 生活空間の中では、室の機能により開いたりつなげたり、閉じたりと距離感を計画。それらをつなぐ場から生まれる光や風の抜ける場など、住まいのそこかしこで、内と外の関係性を感じることができます。 閉じながら開く、そこから生まれた空間で、日々の暮らしを楽しんでいただけたらと願っています。