傾斜地のいえ
古い造成地に計画した2世帯住宅です。 もともと、同敷地に別世帯で家を建てて住まわれていたので、片方はリフォーム、片方を建て替え、というご要望でしたが、諸々の関係法規より、それは難しい状況であったため、2世帯住宅として建て替えることをご提案しました。 傾斜地の特性を生かしたスキップフロアは、ワンルームでありながら、段差によってそれぞれのスペースのまとまりを感じられ、そこから生まれる空間の変化が楽しい雰囲気を生み出してくれます。 北側に開いた大きな窓からは、高台からの眺めと、安定的な光がリビングへと届けられます。 いろんな場所で家族の賑わいが生まれる、そんな家であってくれればと願います。